スポンサードリンク

→ 戻る

2013年03月11日

喉が乾いたら水分補給

→ 戻る
 >> 体の健康個別サイトマップ



喉が乾いたら水分補給



体内の水分不足は血液の流れを悪くします。

毎日1.5〜2リットルのお水を飲みましょう。

   それぐらいの水分が補給されていれば

    血管が詰まらない予防になります。

     (因みに飲み過ぎはやめましょう。) 

  



便秘、肌荒れ、肩こり、慢性疲労 

 血液の汚れ  血の巡りの悪さからくる

 不調を解消するに


 一日1.5から2リットルの水 

  1500cc〜2000cc の 水を飲みましょう。


茶やコーヒーではなく水です。

混じりけの無い水には 力があります。


血液をサラサラにして

 脳溢血や心筋梗塞の原因となる 脳血栓や 

   糖尿病を予防します。


seiryu3-thumbnail2.jpg

続きを読む
posted by 花翠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 水分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

体の健康のサイトマップ

→ 戻る

自然に若さと健康を保ち、明るく生きる為のサイトマップ    

 >> 体の健康全体サイトマップ

     >> 体の健康個別サイトマップ

       >> ・体を健康にするベース(基礎)を作る

       >> ・老若男女、体質、ストレス個人の事情に応じた健康

       >> ・弱点の補強

 >> 心の健康 

 >> 生活習慣(ライフスタイル)で若さと健康




体の健康


自然に若さと健康を保ち、明るく生きる為のサイト

 
  >> 熱中症にかからない様、予防しましょう。



1).このサイトを見て頂きたい対象の方


  若さと健康を保ち、明るく生きたいと願う全ての方に
  見て頂きたいです。

  続きを読む → このサイトを見て頂きたい対象の方



2).このサイトを見て頂く効果


  無理をぜず、それほどお金をかけずに、
  自然に若さと健康を保ち明るく生きるための知恵を提供します。

  続きを読む → このサイトを見て頂く効果 



3).このサイトの開設理由


  自分の健康は自分で守るという強い意志が必要です。

  続きを読む → このサイトの開設理由

 




続きを読む
posted by 花翠 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | サイトマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

熱中症にかからない様に予防しましょう。

→ 戻る
>> 体の健康個別サイトマップ


熱中症にかからない様、予防しましょう。

温暖化のせいか、2010年の夏は蒸し暑く
 重症の熱中症で病院に運ばれる方
   お亡くなりになる方がおおいのだそうです。


人は一日3リットル(3000cm3)の汗をかき
 10gの塩分を排出します。

汗の蒸発により、体を冷やし体温を調節する為です。
 蒸し暑さや、体の不調、高齢化、水不足など様々な理由で 
  汗が書けなくなって熱を体外に放出できなくなる事が
   あります。

@.体に熱が溜まると臓器がダメージを受けます。

A.水分と塩分が不足すると血液が減って
 体がダメージを受けます。

これが熱中症です。


熱いところで無理をするだけでなく

・水分やスポーツドリンクを飲みましょう。
 ビールやお酒は水代わりにはなりません。

・梅干しを一日一粒食べて適度に塩分をおぎないましょう。








posted by 花翠 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 体の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

禁煙がなかなかできない方へ

→ 戻る
>> 体の健康個別サイトマップ


禁煙がなかなかできない方へ

タバコを吸い続けると

 体に表れる15の症状についての記事です。




ラベル:禁煙
posted by 花翠 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

ボケ防止、アルツハイマー予防

→ 戻る
>> 体の健康個別サイトマップ


ボケ防止、アルツハイマー予防



1.若年性痴ほう症


 80歳を過ぎても記憶力や判断力が全然衰えない人もいます。
  一方若い現役の人でも激しい物忘れを起こす
   若年性痴ほう症に見舞われる事があります。

2.脳が委縮して空洞化


 脳の老化は分からない事だらけ、
  必ずしも加齢のせいだけではないようです。

 特にアルツハイマー病は脳が委縮して
  空洞化する恐ろしい病気ですが
   未だ研究中で原因は?です。


3.アルツハイマー予防



ところが
 生活習慣の違いでアルツハイマーの発生傾向を調べる調査が
 行われていて最近分かった事があります。

注目されているのはアミロイドβタンパク
 いわゆる脳のゴミです。
  脳のゴミをたまり難くするには

@魚介類を多く食べる。
 DHAやEPAを多く含んだ青背の肴を多く食べる事です。

A野菜などポリフェノールを含む食品をよく食べる

そういうものをよく食べている人達には発症が少ないそうです。



posted by 花翠 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ボケ防止 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボになる前にダイエット

→ 戻る
 >> 体の健康個別サイトマップ





メタボになる前にダイエット


 メタボは病気ではありませんが
 糖尿病や高脂血症、痛風などの生活習慣病のリスクが高まります。
 ・糖尿病を放置すると、失明や壊疽(足の切断)のリスクが高まり
 ・高脂血症を進行させると、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まります。  
 ・尿酸値が高い状態を放置させますと痛風の、リスクが高まります。

  食べる事を我慢したり、やせ薬や健康器具に走る前に
 生活習慣から見直しましょう。
 

1).体を燃焼系体質にしましょう。


balance6-thumbnail2.gif

   >> 適度な運動  

   >> 適度な食事  

   >> 筋肉をつけましょう  

   >> 意外に高いお酒のカロリー  

   >> 燃焼系体質は肝臓の健康から

   >> 腹式呼吸で燃焼に必要な酸素を吸入 



2).体内がヨドマナイ様にきれいにしましょう。

 
seiryu3-thumbnail2.jpg
   >> 元気を血液にしましょう。  

   >> 水分を摂りましょう    

   >> 排泄力を上げましょう   



 

3).メタボになってしまう原因を解消しましょう


egao.jpg

  ストレス、
  不規則な生活、失恋、ダイエットリバウンドなど
  老化による基礎代謝力の衰え
  老化によるホルモンの減少 など 原因は尽きません。
   明るく元気に気持ちに なりましょう。
  
   >> ストレスを解消しましょう。  

   >> 心を元気にしましょう。      

   >> 規則正しい生活で安眠しましょう。  

続きを読む
posted by 花翠 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

骨粗鬆症を予防する

→ 戻る
 >> 体の健康個別サイトマップ



骨粗鬆症を予防する


名称未設定-1.gif
 骨粗鬆症を放置すると
  大腿骨骨折や痴ほう症の原因になります。

年を取っても腰曲がりにならない為に

  
年を取ると骨密度が低下(スカスカ状態)します。
 骨密度が低下すると、骨がもろくなります。
  骨がもろくなると、骨折しやすいくなります。


1.骨密度とは

 
 カルシウムなどのミネラルが
  骨にどの程度詰まっているかです。
   骨の強さを決めます。


2.特に女性


 骨密度の低下は
  女性ホルモン(エストロゲン)の低下によって起こります。
     
 女性は閉経した後、(月のものがなくなった後)
  女性ホルモン(エストロゲン)が低下します。
   女性ホルモンが低下すると 骨密度の低下がはじまります。
 
 女性ホルモンを補充する医療もありますが
  専門医の指導の元に行ってください。

  詳しくはこちら → 女性ホルモン

 参考までに
  男性の場合、男性ホルモンは女性ほどは
   急激に低下しません。

  男性ホルモン(テストステロン)
   の一部は女性ホルモンに変換されます。
    この為、女性ほどは骨粗鬆症のリスクは進みません。  


この他、骨粗鬆症に良くない事


 ・体重が細い事

 ・カルシウムの摂取がほとんどない食習慣

 ・運動不足

 ・喫煙

 ・飲酒

 ・カフェインの摂取

適度な運動をしましょう


 ウォーキングなど
  30分以内の日光浴を兼ねた
   適度な運動をしましょう。
   (日光浴に骨を強くする効果があります。) 
     詳しく読む → ウォーキング 

 エレベーターやエスカレーターを使わず
  ゆっくりと階段を上り下りする運動も
   お勧めです。



30分以内の日光浴

 
カルシウムは体に吸収されにくいミネラルです。
 
  カルシウムの吸収にはビタミンDが必要です。
 
  皮膚に日光が当たると
   ビタミンDは活性化して
    カルシウムの吸収を良くします。 
  
  紫外線から肌を守る必要はあります。
   でもUVケアをするなどして
    一日30分は日光を浴びてください。
  

骨を丈夫にする食べ物


 骨粗鬆症予防に良い食べ物を毎日食べましょう。
 

カルシウム

 
  ミルク、豆腐、ホウレンソウ
  ひじき、海藻、ヨーグルト
  チーズ

 

ビタミンDが多い食べ物


  シャケ、ニシン、干しシイタケ
  さんま、まぐろ、いわし、さば、うなぎのかば焼き

  ビタミンDは脂溶性ビタミンです。
  (体外に排出されにくいビタミン)


ビタミンKが多い食べ物


  ブロッコリー、わかめ、ホウレン草
  納豆、小松菜、春菊、

  ビタミンKは脂溶性ビタミンです。
  (体外に排出されにくいビタミン)



良質たんぱく質


  鶏肉、豚肉、牛肉
  豆腐、ナットウ、タマゴ
  




posted by 花翠 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨粗鬆症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

中高年の健康

→ 戻る
 >> 体の健康個別サイトマップ




中高年の健康



010102midman01.png 010106midwo01.png 010107oldman02.png 010108oldwo04.png

若くなくなってきてからの健康 のページでは  
 以下の3っつをお勧めしました。

40代後半以降の世代の人で、もしできていなかたら
 明日からでも実行してください

  詳細クリック →  定期健康診断は毎年受けましょう。
 
  詳細クリック →  かかりつけのお医者様をもちましょう。

  詳細クリック → 体を健康にするベース(基礎)を作りましょう。 


1.心の健康

 
 上の3っつにもう一つ加えて下さい。
  ストレスを溜めずに心の健康を大切にしましょう。
   怒り、イライラ、不安、心配、くよくよとした心は
    タバコやお酒の飲みすぎ、暴飲暴食 以上に体に
     ダメージを与えます。   
  
  周りの人、若者がけしからん奴らばかりではなく
   ホルモンの低下で怒りっぽくなっています。
    若さに若さに対する嫉妬も芽生えています。

    詳細クリック → 心の健康 


2.10歳若く見える人、10歳老けて見える人


 同じ50歳でも 
  髪は黒々、肌はつやつや、体元気で10歳若く見える人と

  髪は白髪交じり、肌はカサカサ、痩せ衰えるか中年太りで
   10歳以上老けて見える人がいます。

  50歳を過ぎると
   ホルモンの分泌や抗酸化物質が減少し
    免疫力や回復力がダウンします。
     すなわちダーメージに弱くなります。

  普段からダメージを受けない生活習慣、 
   ダメージが少ない内に見付出して取り除く
    工夫ができているかで若く見えるか老けて見えるかの
     分かれ目になります。    


    ・不眠、
    ・抗酸化力の衰え
    ・抗ガン力の衰え
    ・免疫力、回復力の衰え
    ・躁鬱(そううつ)になりやすい。物忘れボケが起きやすい
    ・筋力の衰え
    ・性的能力の衰え
    ・基礎代謝力 脂肪を燃焼する力 が衰え
     中年太りになりやすい
    ・筋肉、骨、間接の衰え
    ・皮膚の衰え(乾燥肌、細菌感染バリアーの衰え)
    ・記憶力の衰え
 


3.老化から体を守りましょう


 

1).体がしぼまない様にしましょう


 中高年になるとホルモンの減少が
  体の老化を招きます。
   それは自然な事でやむをえませんが。
 生活習慣の改善で
  ある程度のホルモン減少は食い止められます。
   (女性ホルモン治療など
     一部保険で認められた医療もあります。)
    詳細 → 体がしぼまない様にする

 

2).抗酸化力で老化を防止しましょう


 老けて見えるのは
  抗酸化力が衰え、体が錆びてきたせい。
   抗酸化力で老化防止をはかりましょう。
    詳細 → 抗酸化_老化防止

 

3).骨の健康を守りましょう


 骨が弱くなり骨折しやすくならない様
  骨粗鬆症を予防しましょう。
   特に更年期以降の女性は必要です。 
    詳細 → 骨粗鬆症を予防する。    


 

4).腸内を健康にしましょう。


 中高年になると
  善玉菌の代表・ビフィズス菌が急減しますので
   腸内環境が乱れ無いよう注意しましょう。
    続きはこちら → 中高年の大腸の健康
    続きはこちら → 大腸ガンを予防しましょう。


 

5).糖尿病や高脂血症を予防しましょう。


 歳を取ると基礎代謝力が落ちます。
   肝臓が脂肪やコレステロールを処理する力も落ちます。

 若い頃は
  ある程度の暴飲暴食、不摂生な食事習慣をしても
   何ともなかった人でも、

 中高年になると
  体を労わる気持ちが必要です。 
  
  糖尿病や高脂血症を予防するポイント

    → 血液を元気に

    → 体に良い食事

    → 適度な運動

  
  

posted by 花翠 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 体の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

若い時の健康

→ 戻る
 >> 体の健康個別サイトマップ




若い時の健康


1.元気、健康こそ人生最大の投資


 若いときは、健康になど関心がいかないもです。
  ですからこのサイトでは若い人に
   「運動しましょう」とか
   「タバコをやめましょう」とか
   「暴飲暴食はいけませんよ」
とは言いません。
 
 若い人に贈る言葉はただ一言
 
  健康この人生最大の投資です。

  体に悪い生活習慣は
   若くなくなるまでに終わっておきましょう。 

  健康こそ人生最大の投資です。
 
  jogging010002.gif



2.若さって素晴らしい


 若さとは実にいいものです。

  心身に活力がみなぎり、未来は可能性にあふれています。

   チャレンジし努力すればどんな望みでも叶えられる。

 歳をとってどんなに成功した人でも、お金持ちでも
  「あの頃に戻れたら・・」と思わない人はいないそうです。


hardtraining.gif kintora.jpg

 しかし、
  現実の青春は「美しき迷いの年頃」でもあります。
   失敗、挫折、失望、裏切り、失恋 等々。

  輝きがあれば影があるように
   若さに必ず挫折がついて回ります。  
    若さゆえのフラストレーションに
     悩まされる事も多いでしょう。

stress.gif

 若くして輝いている時も
  挫折してフラストレーションに苦しんでいる時も
   この後の人生で次第に”老い”が忍び寄ってくるなどとは
    どうしても思えないものと思います。
 


3.偶には羽目を外しても生活習慣にしない事



 若いときの熱狂は、必要です。
  暴飲暴食、体力的に無理な挑戦などをやるのであれば
   20歳代までに終えておきましょう。
 若いときであれば  
  体力、回復力、抵抗力、免疫力が強く備わっています。
 でも
  20歳代をピークにそれらは次第に失われます。

  yang_old.gif   



4.生活習慣


 良い生活習慣の基本は
  @バランスの良い食事
   A質の良い睡眠、
    B適度な運動
     Cストレスをためない事
               そして
      D規則正しい生活  です。


  虫歯や歯が抜けたり、頭髪が禿げたり白髪になった場合
 完治はしません。 
 同じように

 糖尿病や動脈硬化、心筋梗塞、痛風などは一度かかると
  完治が望めません。
 禿げた毛髪や抜けた歯が元には戻らないのと同じです。

 若いうちに良くない生活習慣を抱えているなら
  少しずつ卒業しましょう。
 女性の方は妊娠する前に終えることをお勧めします。
 

  tabaco.gif


  kauchipoteto.gif


  tekidonasake.gif


supper-thumbnail2.gif











 
続きを読む
posted by 花翠 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 体の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

このサイトの開設理由

→ 戻る
自然に若さと健康を保ち、明るく生きる為のサイトマップ    
 >> 体の健康全体サイトマップ
   >> 体の健康個別サイトマップ
    >> @体を健康にするベース(基礎)を作る
    >> A老若男女、体質、ストレス個人の事情に応じた健康
    >> B弱点の補強

 >> 心の健康 

 >> 生活習慣(ライフスタイル)で若さと健康



このサイトの開設理由


自分の健康は自分で守るという強い意志


  どうすれば健康を守れるのかは
   皆一人一人事情が異なります。
  医師や専門家の指導を受けながら
   自分の健康は自分で守るという強い意志が必要です。

  このサイトで伝えたい事はそういう事です。


私の事例


  私も健康に関する認識が混乱していました。
 若い頃からいろんな事をやってみました。
 でも長続きしませんでした。

 毎年の定期健康診断は
  サボらずにちゃんと受けていました。

 血液検査で肝機能があまりよくありませんでしたが、

 かかりつけのお医者様の診断は
 「よくありませんね、健康に注意してください。
   しばらく様子をみましょう。」
 「よくありませんね、健康に注意してください。
   しばらく様子をみましょう。」次の年も
 「よくありませんね、健康に注意してください。
   しばらく様子をみましょう。」その次の年も
 「よくありませんね、健康に注意してください。
   しばらく様子をみましょう。」その次の年も

  と毎年言われ続けました。

 ところがある年の定期健康診断が終わってから突然、

 「精密検査を受けて下さい。」
 
  と言われた経験があります。


 医療の事を素人が判断するのは危険です。

 でも
 お医者様は神様ではありませんし、
  健康診断はほんの表面的な検査にすぎません。

 私の例は私の肝臓に対する血液検査結果です    
  私の肝臓が良くないのは
   太りすぎやお酒のせいかとおもわれました。
    ある年、徹底的なメタボ対策と断酒を半年以上続けました。
     ウコンも飲み続けました。

  でも私の肝臓が悪かった原因は全く別にありました。
  
  定期健康診断もお医者様でも早くに見つける事は
   できませんでした。

  自分でダイエットしたり半年間断酒したりしてて、
   疑わしい原因を一つ一つ潰して
    見つけるしかありません。

  ちなみにエコー検査で肝臓を調べてもらいましたが
   脂肪肝臓の疑いはありませんでした。
    肝臓に対する血液検査結果が悪い理由は未だ不明です。 
      

  どうすれば健康を守れるのかは皆一人一人事情が異なります。
   医師や専門家の指導を受けながら

  自分の健康は自分で守るという強い意志が必要です。

  その事を伝える事が当サイトの開設理由です。








posted by 花翠 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このサイトを見て頂く効果

→ 戻る
自然に若さと健康を保ち、明るく生きる為のサイトマップ    
 >> 体の健康全体サイトマップ
   >> 体の健康個別サイトマップ
    >> @体を健康にするベース(基礎)を作る
    >> A老若男女、体質、ストレス個人の事情に応じた健康
    >> B弱点の補強

 >> 心の健康 

 >> 生活習慣(ライフスタイル)で若さと健康




このサイトを見て頂く効果


 
 

前提

 
  現代科学では
   予防医学、アンチエイジング、
    どうすればいつまでも若くて健康でいられるのか
    人は何故病にかかるのか、
    人はなぜ老いるのか、
    人はなぜ死ぬのか、
  それらの事について                     
  根本的な事は何も分かっていないそうです。



 

正しい理解


  その事を前提に、
   健康に関する最新の情報と昔からある生活の知恵とを
    分かりやすく誤解されないよう慎重に織り交ぜ、

    無理をぜず、

    それほどお金をかけずに、

    自然に

  若さと健康を保ち明るく生きるための知恵を

  正しく知る事ができます。



posted by 花翠 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんな方に見て頂きたいです。

→ 戻る
自然に若さと健康を保ち、明るく生きる為のサイトマップ    
 >> 体の健康全体サイトマップ
   >> 体の健康個別サイトマップ
    >> @体を健康にするベース(基礎)を作る
    >> A老若男女、体質、ストレス個人の事情に応じた健康
    >> B弱点の補強

 >> 心の健康 

 >> 生活習慣(ライフスタイル)で若さと健康



こんな方に見て頂きたいです。


 ・若さと健康を保ち、明るく生きたいと願う全ての方
 ・できれば若くて衰えていないうちに見て頂きたいです。

 ・勿論、若くなくなった、健康に自信がなくなった方にも
   見て頂きたいです。

 ・健康情報に惑わされ様々なサプリ、健康器具、
  エアロビにスポーツジムなど
  いろんな事をやってみた、お金も随分使った。
  でも長続きしなかった方に見て頂きたいです。

 ・お金をかけずに、時間をかけずに自然な生活習慣の工夫で
  健康を守りたいという方に見て頂きたいです。


尚、
 当サイトでは
 「健康を守る為に何かを買って下さい」
 といった誘導はしません。

当サイトから何も買わなくてもあなたの健康は守れます。

但し、広告は出しています。

関心があれば見てください。 




posted by 花翠 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 対象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弱点の補強

→ 戻る
 >> 体の健康個別サイトマップ




弱点の補強


 健康の基礎づくりはできていますか?
  老若男女人それぞれの健康づくりもなされていますか?
   詳細 → @体を健康にするベース(基礎)を作る
   詳細 → A老若男女、体質、ストレス個人の事情に応じた健康

それでも
 体の弱ってきた所がでたら、具合悪くなった症状がでたら
  生活習慣の工夫で 
   改善しないかを試してみましょう。
定期健診や人間ドッグで注意がでたら
 検診結果をもってかかりつけのお医者様と相談しましょう。
  

1.メタボの注意がでたらダイエット


 メタボは病気ではありませんが
  糖尿病や高脂血症、痛風などの
   生活習慣病のリスクが高まります。
 ・糖尿病を放置すると、
   失明や壊疽(足の切断)のリスクが高まり ・高脂血症を進行させると、
   心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まります。  
 ・尿酸値が高い状態を放置させますと
   痛風の、リスクが高まります。

  続きを読む → メタボの注意がでたらダイエット
 


2.骨粗鬆症の注意がでたら


 骨折や精神的イライラのリスクが高まります。
  特に子育てが一段落ついたご婦人は要注意です。
  続きはこちら → 骨粗鬆症予防


3.検診で肝臓に注意がでたら


 GOT、GPT、γ-GPTなどで基準値をオーバーしたら 
  肝臓を労わりましょう。
   続きはこちら → 肝臓は大切にしなきゃイカンゾー


4.良く眠れない日々が続いたら


 睡眠には次の役割があります。
  ・浅い眠りは脳の発達の為
  ・深い眠りは心身を休ませる為
  ・寝ている間に体を修復
 一日7時間熟睡できない方は
  良く眠れる工夫をしましょう。
  続きはこちら → 良く眠れる工夫
  

5.実際の年齢より老けてきたら

 
   抜け毛に白髪、肌荒れ、
    動悸や息切れ、体力の低下 
     体が実際の年齢より老けてきたら
     続きはこちら → 体がしぼまない様にしましょう。
 

6.心の元気がなくなってきたら


 ストレスや不安、イライラや辛い事、挫折や悲しい事があったとき
  いつまでもいつまでもめげていると
   そううつ病にかかるリスクが高まります。

 又、免疫力や抗ガン作用の低下など体に思わぬダメージを与えます。
  心を元気にしましょう
   続きはこちら → 心の健康
              >> 笑いましょう

         
















posted by 花翠 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 体の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

体を健康にするベース(基礎)を作る

→ 戻る
 >> 体の健康個別サイトマップ



体を健康にするベース(基礎)を作る


  ベース作りは毎日行ってください。
 年齢、性別、ストレス、生活習慣など
 人によって体の健康事情は異なりますが
 それはベース作りができてから。


1.血液:きれい、血流サラサラ、血管丈夫

  
  糖尿病、動脈硬化、通風など成人病予防は
  @血液をきれいに、
  A血流血行を良くし、
  B血管を丈夫にすることから。
   詳細 → 元気な血液


2.肝臓を大切にしましょう


 血液を元気にする要の臓器は肝臓です。
 肝臓は体の臓器の中でも最も活発に働き 
  ・胃腸で消化した食べ物と 
  ・呼吸で吸いこんだ酸素が反応させて
    分解、合成、配送、貯蔵、解毒、再利用を行う
          巨大化学プラント工場です。
 肝臓は
  ・若さと活力、
  ・ダイエットや美肌に豊かな頭髪、
  ・明るく健康に生きる為の   要の臓器です。        
   詳細 → 肝臓は大切にしなきゃイカンゾー



3.体をエネルギー燃焼系体質にしましょう。

  
   @健康に良い食事
    バランスよく楽しく食べて飲んで、
   健康によい食生活を送りましょう。
   無理なダイエットや節酒はストレスを蓄積し
   リバウンドを招く恐れがあります。
   詳細 → 健康に良い食事

   A適度な運動
    うっすらと汗をかくスローな運動を
   十分な酸素を取り入れて行って下さい。
   長続きさせることが大切です。
   詳細 → 適度な運動

   B十分な酸素を取り入れる
  腹式呼吸を一日30回行いましょう。
  詳細 → 腹式呼吸

 

4.抗酸化_老化防止系体質にしましょう。


   体を錆びさせない様にしましょう。
  抗酸化こそ元気健康を保ち老化を防ぐ決め手です。 
   詳細 → 抗酸化_老化防止


5.入ってきたものは出す。

 
  排出力の高い体質にしましょう。
  @快便(便秘予防)
  A皮膚の排泄力、
  B深く息を吐く、
  これが体(中でも血液)を綺麗にし
   万病を予防する元です。
   詳細 → 排出力UP


6.心地よい眠り、安眠、快眠、熟睡


 睡眠は心身を休めるだけでなく
 健康を守るために無くてはならない行為です。
  ・脳の発達やボケ防止、
  ・体が修復され
  ・免疫力、抗ガン作用
  ・コレステロールを下げる働き
 又、
 心が乱されす、精神のバランスを保つ為にも
  十分な睡眠が必要です
 詳細 → 心地よい眠り






posted by 花翠 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 体の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

規則正しい生活 生活のリズム

→ 戻る
>> 体の健康個別サイトマップ


生活のリズム、体内時計


 生活のリズム、
  体内時計を狂わさない生活をしましょう。
   不規則な生活、時差ボケは早く治しましょう。

 人の体内には
  生物時計という
   見えない時計があります。

 生物時計は夜になると眠くなる。
  昼晩とお腹がすくなど 
   百以上の働きをしています。

 夜更かし、朝寝坊に朝食抜き、睡眠不足
  夜はお酒に夜食など
   生体のリズムが慢性的に乱れると
   成人病や老化が進みます。

 kauchipoteto-thumbnail2.gif

 若いうちは無理もききますが
  30歳を過ぎてから慢性的に不規則な生活を
  続けると回復が遅れます。

規則正しい生活


 可能な限り規則正しい生活を送りましょう。

 朝は御日様を浴びて寝ざめ、朝食は抜かずに取って
  昼食後はウォーキング
   ウォーキングは快眠快便にも役立ちます。


 夕食は9時までに食べて 
  できれば成長ホルモンが盛んに分泌される 
   10:00には就寝。

現代人には難しいと思いますが
  遅くとも12時までには眠りましょう。






posted by 花翠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 体の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

かかりつけのお医者様

→ 戻る
 >> 体の健康個別サイトマップ


010102midman12.png 010104woman03.png



かかりつけのお医者様


1.未病の段階で適切な治療を受ける為に


 ふだんから
  自宅近くで開業しているお医者様を見つけましょう。

 かかりつけのお医者様を見つけるポイントは
  うまくコミュニケーションが取れるお医者様です。

 安心感を与えるお人柄、相談しやすい雰囲気のお医者様であれば
  患者さんから診断に必要な情報を上手に引き出し
   適切に診断して下さるでしょう。

 

<病院の通信簿>


  病院の通信簿というサイトから
   ご自宅近くの病院の評判を調べられます。
  
  メールアドレスを登録して無料で会員になれます。
   良い治療をして頂いたらお礼に
    ”良い病院”と投票する事もできます。

  サイトはこちら → 病院の通信簿


2.未病の段階での手当てが大切

  
 日頃の健康管理は、かかりつけのお医者様に任せ
  深刻な病気の予兆を早く察知してもらい
   適切な専門病院を紹介してもらえるようにします。

 それが
  未病の段階で早期発見早期治療をうけ
   いざという時も医療難民にならないコツです。
  
 かかりつけのお医者様が
  精密検査や手術入院が必要と判断されたら
   紹介状を書いてもらって大きな病院に行きます。

 回復したら元のかかりつけの病院に戻ります。



  010402shop08st-trans.png  soon  010401bldgl01st-trans.png

010102midman13.png続きを読む
posted by 花翠 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定期健康診断は毎年受けましょう。

→ 戻る
 >> 体の健康個別サイトマップ





1.健康診断は毎年必ず受けましょう。


  体の調子が悪くなくても 
   毎年欠かさず定期健康診断を受けましょう。
  
  健康診断は病気を発見するだけのものではありません。
   今は健康でも、将来病気にかかるリスクを
    予防する為にやっています。

  未病、すなわち病気になる前に
   体の手当をする事が大切です。


2.検査結果の保存

  
  検査結果はきちんとファイルして保存しましょう。
   血液検査や尿検査など数値で結果が現れるものは
    グラフにしておいてもよいでしょう。
  
  検査の内容を全て覚えたり、理解できなくても
   大丈夫です。
    要注意判定がでた項目位は理解しておきましょう。
 
  補足として
   健康に影響しそうな出来事は
    ふだんからメモして記録を残しておきましょう。
   できるだけ
    いつからどれくらいかを具体的に説明できるように
     しておきましょう。

  例として
  ・**年前からお酒に弱くなった自覚があります。
   以前は全然酔わなかったのに、
    今はコップ一杯程度のビールで
     翌日には二日酔いが残ります。

  ・**ヶ月前から食欲がなく体重が減りました。
   去年は67kgだった体重が今朝測ると56kgです。
    特にダイエットや運動をした訳ではありません。   
   
                 等々

 kensa.gif


3.診断はかかりつけのお医者様に


 先ず、決して素人判断しないことです。
  診断はかかりつけのお医者様にお願いしましょう。

 お医者様といえども神様ではありません。
  一回の検診だけでは正しい診断がつくものではありません。

 診察を受けるときは上記2.の記録を持参しましょう。
  その方が未病の段階で早期発見、正しい診断につながります。


  KETSUEKIKENSA.gif



続きを読む
posted by 花翠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

若くなくなってきてからの健康

→ 戻る
 >> 体の健康個別サイトマップ




若くなくなってきてからの健康


ポイントは3っつです。  

 詳細クリック →  定期健康診断は毎年受けましょう。

 詳細クリック →  かかりつけのお医者様をもちましょう。

 詳細クリック → 体を健康にするベース(基礎)を作りましょう。


<イントロ>
 日本経済新聞 日経プラス1の調査によりますと
  オジサン、オバサンと意識されるのは
   概ね35歳以降の様です。
   そろそろ「毎年健康診断を受けましょう」
    って言われる歳でもあります。

010102midman01.png 010106midwo01.png


1.若い頃に比べて弱くなった事


 35歳を過ぎたからと言って未だ意欲も活力も旺盛!
  髪の毛も肌の艶もスタイルだって全然衰えていない
   という思いの人も大勢いらっしゃると思います。

 しかし20歳代に比べて確実に弱くなっているものが
  あります。 それは・・・・

 免疫力、抵抗力、回復力が弱くなっています。

 人の体は若くなくなると
  成長ホルモンの分泌や抗酸化酵素が減少します。
   人の体を若く保つ仕掛けが次第に働かなくするのです。

 ですから
  暴飲暴食、ストレス、疲労、タバコ、紫外線、細菌感染など
   体が受けるダメージに対しては
    若い頃と比べて弱くなっています。


 基礎代謝力も落ちています。
  若い頃はいくら食べても、いくら飲んでも
   細胞の呼吸で燃焼され
    エネルギーに変わるので、あまり太る事はありませんでした。

  でも若くなくなると代謝力は落ちます。
   いわゆる中年太りになりやすくなります。
    メタボは万病の元です。

   

2.若く健康でいられるという希望


 それでもこれからも若く健康でいられるという
  希望を持ちましょう。

 人間の本当の寿命は120歳と言われています。
  病や悪い生活習慣病でダメージを受けなければ 
   ずっと元気で明るい人生を楽しめます。

 その為にも病気や悪い生活習慣を予防し
  過労やストレスで心身が疲労したときは
   十分な休養をとって回復をはかりましょう。  
 
 健康の基本は
 @バランスの良い食事
  A質の良い睡眠、
   B適度な運動
    Cストレスをためない事 そして
     D規則正しい生活  です。


 そしてそれが順調かどうかをお医者様にチェック
  してもらいます。


3.定期健康診断を毎年必ず受けましょう。


  健康診断は
  ・病気を早期に見つける為だけでやるのではありません。 
    
  健康診断は           
  ・将来、病気になる可能性を予測して
   予防する為にあるのです。
  続きを読む → 定期健康診断は毎年受けましょう。
KETSUEKIKENSA.gif



4.かかりつけの医師をもちましょう。


 どんな名医でも
  普段から患者さんを診察し、過去の検査結果がないと
   よほどの重病で無い限り、正しい診断ができません。

 親しくコミュニケーションが取れるお医者様をみつけて
  かかりつけ医になってもらいましょう。
  
 続きを読む → かかりつけのお医者様 
 



010102midman12.png 010104woman03.png 010402shop08st-trans.png



5.体を健康にするベース(基礎)をつくりましょう


 体を健康にするベース造りのポイントはこれです。

  1.血液:きれい、血流サラサラ、血管丈夫
  2.肝臓を大切に
  3.体をエネルギー燃焼系体質に
  4.抗酸化_老化防止系体質に
  5.入ってきたものは出す。
  6.十分な酸素を取り入れる


 ベース作りは毎日行ってください。
  続きはこちら → 体を健康にするベース(基礎)づくり


 人は何か困った事が起きてから
 たとえば
 メタボな人はダイエットへと、
  髪の毛が寂しくなった人は育毛へと
   肌の艶、潤いがなくなった人はスキンケアへと
                   走りがちですが

 それはベース作りができてから実行してください。



posted by 花翠 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 体の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

生活習慣病予防

生活習慣病予防について



成人病と生活習慣病との違い



生活習慣病という考えは平成に入って言われるようになりました。

従来は成人病 と呼ばれていました。

生活習慣病も成人病も
 過度な飲食、
  タバコやストレス、
   運動不足によってもたらされる病気で
    具体的には糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞 などです。

 これらの病気はかかってしまうと完治が難しく
  医療費がかかり、生活を制限したり、寿命を縮めますので
   予防が大切です。


子供のうちから生活習慣病を予防しましょう。



成人病を生活習慣病を言い換えた理由は
 病気の根本原因は生活習慣にあります。
  生活習慣は子供のうちから身につきます。
 しかし成人病と言ってしますと
  成人になってから成人病予防を心掛ければよいものと
   とられがちなので

子供の内から身につけたい予防方法として

 生活習慣病予防 と言うようになりました。





 
  続きを読む
posted by 花翠 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人それぞれの事情に応じた健康

→ 戻る
 >> 体の健康個別サイトマップ



人それぞれの事情に応じた健康


老若男女、体質、ストレス、生活環境など
人夫々の事情に応じた健康について


若い人


 若いときは、健康になど関心がいかないもです。
  ですからこのサイトでは若い人に
   「運動しましょう」とか
   「タバコをやめましょう」とか
   「暴飲暴食はいけませんよ」とは言いません。
 若い人に贈る言葉です。
 「健康この人生最大の投資です。
   良くない生活習慣を抱えているなら
    少しずつ卒業しましょう。」 
  詳細 →  若い人の健康



若くなくなった人


 自分の体の変化を自分で見つけましょう
  毎年健康診断を受けたら各検査項目を記録しましょう。
   健康に関わる変化があれば記録しておきましょう。
 
  例 お酒が弱くなった。体重が増えてきた

 医師の診察を受けるときは過去の検診記録や変化の記録を持参して
 受けましょう。
 基本は
 @バランスの良い食事
  A質の良い睡眠、
   B適度な運動
    Cストレスをためない事
               そして
     D規則正しい生活  です。

  詳細 → 若くなくなってからの健康


中高年を過ぎた人


 心の健康にも気をつけましょう。
  怒りやストレスや不眠は
   自律神経を圧迫して体にダメージを与えます。

 ホルモンの分泌や抗酸化物質などが減ります。 
  ダメージに対する回復が弱くなります。

 詳細 → 中高年を過ぎた人の健康  



 




posted by 花翠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 体の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。