スポンサードリンク

→ 戻る

2009年01月05日

生活習慣病予防

生活習慣病予防について



成人病と生活習慣病との違い



生活習慣病という考えは平成に入って言われるようになりました。

従来は成人病 と呼ばれていました。

生活習慣病も成人病も
 過度な飲食、
  タバコやストレス、
   運動不足によってもたらされる病気で
    具体的には糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞 などです。

 これらの病気はかかってしまうと完治が難しく
  医療費がかかり、生活を制限したり、寿命を縮めますので
   予防が大切です。


子供のうちから生活習慣病を予防しましょう。



成人病を生活習慣病を言い換えた理由は
 病気の根本原因は生活習慣にあります。
  生活習慣は子供のうちから身につきます。
 しかし成人病と言ってしますと
  成人になってから成人病予防を心掛ければよいものと
   とられがちなので

子供の内から身につけたい予防方法として

 生活習慣病予防 と言うようになりました。





 
  続きを読む
posted by 花翠 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。